山本秀実プロフィール

プロフィールメッセージ公演歴


 
1983年からプロ活動を開始する。

同年、京都において山本秀実フラメンコスタジオを設立。
その後、東京スタジオを開設。(1990年~2018年)
次いで滋賀・大阪にスタジオを開設し、後進の指導にあたる。


マドリッドに自宅を有し、日本とスペインとを往復する生活の中で、
数多くの公演を開催。

1985年、山本秀実フラメンコ舞踊団を設立。
内外のアーティストや邦楽との共演、オリジナル作品の上演など、
多岐にわたる活動を展開。

幅広いファン層の支持を得ている。


10回に及ぶソロ・舞踊団公演を経て、1987年『ファンタジー~OKUNI~』を初演。

音楽、美術、衣裳、振付ほか各方面から高い評価を得た。


1998年~99年の2度にわたる両足の手術を経て、
2001年『Resurreccion~復活~』で舞台に復帰。

2009年、『OKUNI~出雲の阿国より~』(文化庁芸術祭参加作品)
2011年『OKUNI’11』を再演。


2013年、テレサ西塚と『Carpe Diem』を上演。
2014年、テレサ西塚と『Carpe Diem 2』(文化庁芸術祭参加作品)を再演した。


京都スペイン文化協会の理事長も務めている。




 【 山本秀実からのメッセージ 】 
 
フラメンコは他の踊りと違って、自分を表現する踊りです。

フラメンコは、哀しみの踊りだろうが、喜びの踊りだろうが、
私であれば山本秀実という人間の生きざまを出すことができます。

そんなすばらしいフラメンコの踊りを、
もっとたくさんの人に知ってもらいたいと思います。

私自身、踊りはもちろん、いろんなことに興味がつきないし、
結構わがままに好きなことをやってきたというところがあります。

だからこそフラメンコが踊れるんだと思います。

これからもずっとこうして好きなことを、やり続けていきたいですね。 

公 演 歴

1983年  初リサイタル『心から』  (京都府立文化芸術会館) 84年  ジョイントリサイタル『愛・哀しみ・悦び』  (京都会館第2ホール) 85年  『フラメンコの夕べ』  (京都大学西部講堂) 86年  同 87年  同 88年  ぎふ未来博イベントステージ 『フィエスタ フラメンカ』 89年  京都国際音楽祭参加リサイタル 『フィエスタ フラメンカ』  (京都府民ホールアルティ)  京都市政100周年記念イベント参加 90年  舞踊団公演『孤独の幻想』  (京都大学西部講堂) 92年  舞踊団公演『光と影』  (京都府立文化芸術会館) 93年  舞踊団公演『La Pena -苦しみ-』  (東京・京都・滋賀県大津市・兵庫県豊岡市) 95年  舞踊団公演『アンダルシアの夢』  (京都府立文化芸術会館) 97年  京都スペイン文化協会設立記念公演 『ファンタジーOKUNI~出雲の阿国より~』  (東京・京都) 2001年  コンサート『Resurreccion ~復活』  (東京・京都) 03年  コンサート『Luciente 耀~かがやき』  (東京・京都) 07年  舞踊団公演『ARCO・IRIS ~虹 Ⅱ』  (京都府立文化芸術会館・東京エルフラメンコ) 09年  30周年記念公演 『OKUNI~出雲の阿国より~』(文化庁芸術祭参加作品)  (東京・京都) 11年  『OKUNI 2011』  (東京・京都) 13年  『Carpe Diem』  (京都) 14年  『Carpe Diem 2』(文化庁芸術祭参加作品)  (京都)    活動

各種イベント・パーティー等のアトラクションにフラメンコステージをお届けします!